歴史再発見

清瀧寺徳源院庭園・米原市清滝

清瀧寺徳源院庭園・米原市清滝

基本情報
名称 清瀧寺徳源院庭園
URL http://tokugenin.maibara.jp/(清瀧寺徳源院HP)
文化財指定等 庭園は県指定名勝
所在地 米原市清滝288(清瀧寺境内)
電話番号 0749-57-0047
拝観時間 9時~16時(但し予約があれば~17時まで)※団体の場合は要事前連絡
定休日等
料金 300円、小中学生は無料※座敷利用は500円(拝観料含む)、抹茶400円
※平成23年2月現在

~清滝の自然の地形をうまく生かした「青龍の庭」~

客殿から眺める庭園。

 近江源氏と呼ばれた佐々木氏支流の京極氏。初代・京極氏信にはじまり、第5代の高氏(道誉)は足利尊氏に仕えて鎌倉幕府を倒し、室町幕府創立にかかわって繁栄。家督争いや家臣だった浅井氏の台頭などで一時は衰退するが、第19代・高次の活躍によって再び大名として再興された。江戸時代も大名家として続き、現在に至っている。

 庭の上部まで上がって、見下ろした景色。奥に見えるのが本堂。

 中山道・柏原宿の近く、清滝山の麓にある天台宗比叡山延暦寺派の清瀧寺徳源院は京極氏初代・氏信が、京極氏の菩提寺として弘安6年(1283年)に創建したもの。寺号は氏信の法号「清瀧寺殿」から称している。第22代・高豊が寛文12年(1672年)に領地の一部と、祖先の墳墓があった清滝の地を交換して寺の復興をはかり、丸亀藩初代藩主だった父、第21代・高和の院号「徳源院殿徳英道達」から徳源院と改称した。高豊は三重塔(県指定文化財)を建立し、庭園はこの時整備し直されたものとみられる。
 客殿の裏にある庭園は「青龍の庭」とも称され、現在は県指定の名勝となっている。江戸時代初期の典型的な作風で、清滝山の地形や自然林を生かした雄大な庭だ。小堀遠州の作とも伝わるが、資料としては残されていない。現在は枯池と枯滝になっているが、本来は清滝と呼ばれた滝から水が落ち、池には水が湛えられていた。昭和34年(1959年)の伊勢湾台風のときに水源の川ごと崩れてしまい、その後は水のない状態になっている。この庭園はもとから枯山水だったのではなく、池泉回遊式庭園として作られたのである。目の前の庭を眺めながら、水があったころの姿を想像してみるのも面白いだろう。

第22代・高豊によって建立されたという三重塔。総高は15.52mで一辺は3.03m。

  南岸に岩山、築山の上に雪見灯籠と五輪塔、北岸に山灯籠が配され、石組みも庭全体と同じく野趣が感じられる。また四季ごとにうつりかわる景色が楽しめる庭としても知られ、特に紅葉の名所として有名だ。季節だけでなく一日の中でも朝昼夕で雰囲気が大きく変わり、遠方からくり返し庭園を見に来る人も多いという。
 客殿から絵画のような眺めを楽しむこともできるが、清滝山麓の地形を生かした高さのある庭は、上まで登ることができる設計になっており、上から見下ろす庭はまた別の景色を生み出す。現在でも、天候が良ければ山口光秀住職の案内で歩くことも可能。
 境内のシダレザクラはエドヒガンの一種で、「道誉桜」と呼ばれている。これは第5代の道誉が植えて愛したということに由来している。現在の道誉桜は二代目で、樹齢が300年、樹高10m、胸高周り2.3m。三重塔の前には昭和52年(1977年)に三代目が植えられた。道誉は婆沙羅(バサラ)大名として名をはせた人物で、権威に縛られず、粋で華美な服装や振る舞いを好む、独自の美意識を持っていた。傍若無人で荒々しいイメージが強いが、和歌、連歌をはじめとする文芸をたしなみ、茶道や香道をあつく庇護するなど、文化人としての功績も大きい。
 道誉と桜といえば、大原野の花見の会で巨大な桜の樹4本の根元に真鍮の花瓶を造り、桜の樹を「いけばな」として見せというエピソードがある。桜と縁が深く、派手好みだった道誉が愛した初代「道誉桜」は、清瀧寺徳源院の境内できっとあでやかに咲き誇ったのであろう。

見事な枝振りの道誉桜。春には、この木を見に人々が訪れる。

  清瀧寺徳源院の本堂は、初代・氏信が弘安6年に建立したもので、宝暦8年(1758年)に改築された。しかし雨漏りなどの傷みが激しく、平成14年(2002年)に現在の本堂が再建された。檀家がなく法事などを行わない寺なので、普段から気軽に人が集まってもらえるような場所にしたいという、住職の思いが建物に込められている。
 近年は紅葉の時期に庭園をライトアップし、本堂で「紅葉コンサート」を開催している。「もともとイベントなどを催すのが好きなんですよ。できるだけ多くの人に美しい景色や雰囲気などを楽しんでほしいです」と笑顔で語る住職。「大河ドラマをきっかけに、京極氏ゆかりの寺として注目を浴びています。これを機会に当寺や庭の良さを知っていただければうれしいですね。何度もお越しになるリピーターの方が多く、一度来ていただければその魅力を感じていただけると思います。歴史やお庭に詳しくなくとも構いません。軽い気持ちで訪れてください」
(取材日:平成22年12月17日)

関連タグ一覧