歴史再発見

日吉大社西本宮本殿および東本宮本殿・大津市坂本

日吉大社西本宮本殿および東本宮本殿・大津市坂本

基本情報
名称 日吉大社西本宮本殿および東本宮本殿
URL http://www6.ocn.ne.jp/~hiyoshi3/
文化財指定等 西本宮本殿と東本宮本殿は国宝。その他、国の重要文化財17棟。日吉大社境内は国指定史跡
所在地 大津市坂本5-1-1
電話番号 077-578-0009
拝観時間 9時~16時30分
定休日等
料金 大人300円、小人150円
※平成23年3月現在

~他所ではほとんど見られない独特の建築様式の本殿~

西本宮本殿。元の西本宮本殿は、大己貴神が勧進されたときに建立された。それまで日吉大社の境内には社殿がなかった。

 境内全体が国指定の史跡となっている日吉大社。約13万坪の敷地内に17棟の重要文化財が存在し、西本宮本殿と東本宮本殿の2棟は国宝に指定されている。
 最盛期には社内108社、社外108社も存在したといわれている日吉大社だが、特に重要な西本宮、東本宮、宇佐宮、牛尾宮、白山宮、樹下宮、三宮宮を「山王七社」もしくは「上七社」という。これに「中七社」と「下七社」の摂社・末社を加え「山王二十一社」と称する。中七社は大物忌神社、牛御子社、新物忌神社、八柱社、早尾神社、産屋神社、宇佐若宮。下七社は樹下若宮、竈殿社、竈殿社、氏神神社、巌滝社、剣宮社、気比社である。
 これらは織田信長の比叡山焼き討ちによってすべて焼失してしまい、現在の社殿は桃山時代および江戸時代初期に復興されたものである。

東本宮本殿。社殿は西本宮の次に建てられた。西本宮本殿も東本宮本殿も、相応によって日吉造に建て替えられるまでは小さな社殿だった。

 上七社はそれぞれに神輿を持ち、重要な位置を占めている。この七社のうちでも西本宮と東本宮、宇佐宮は「日吉三聖」と呼ばれ、特に社格が高い。また七社は東本宮系と西本宮系のグループに分類することができる。
 東本宮のグループは東本宮と樹下宮、牛尾宮、三宮宮の4社。東本宮の祭神、大山咋神(おおやまくいのかみ)は古事記上巻に「この神は近つ淡海国の日枝山に坐し」と記載されており、古代から比叡山に鎮座する地主神である。樹下宮は大山咋神の后神である鴨玉依姫神(かもたまよりひめのかみ)を祭神とし、牛尾宮と三宮宮にはそれぞれ大山咋神と鴨玉依姫神の「荒魂(あらたま)※」が祀られている。
 西本宮系は西本宮、宇佐宮、白山宮の3社で、西本宮の祭神は奈良の三輪山・大神神社から勧請した「大己貴神(おおなむちのかみ)」だ。大己貴神は天智天皇が大津京を開いたときに、奈良の三輪山・大神(おおみわ)神社から勧請した神で、別名を大物主神(おおものぬしのかみ)という。宇佐宮には田心姫神(たごりひめのかみ)、白山宮は勧請した加賀の白山比咩神社から菊理姫神(くくりひめのかみ)を祀っている。
 このように東本宮系は元々この地に祀られていた神で、西本宮系はあとから祀られた国家を守るための神である。

東本宮の背後の様子。背面の3間の床が一段高くなっているのが見えるが、この部分が西本宮本殿と異なる。

 西本宮本殿と東本宮本殿、宇佐宮本殿は桁行5間、梁間3間、檜皮葺きで、正面と両側面に庇がついた「日吉造(ひえづくり)」という建築形式で建てられている。日吉造は聖帝造(しょうたいづくり)ともいい、ほかではほとんど見ることのできない珍しい形式だ。
 西本宮本殿の正面には1間の向拝(屋根の一部が前方に突き出し礼拝のために使用される部分)と浜床(向拝の下に用いられる低い床)があり、縁高欄がまわりをめぐっている。大宮、大比叡(おおびえ)とも呼ばれ、平安時代の初め、延暦寺の僧・相応によって今のような形に作り替えられたという。現在の建物は天正14年(1586年)に復興され、慶長2年(1597年)に改造されている。昭和36年(1961年)に国宝に指定された。
 東本宮本殿は西本宮本殿とほぼ同様の造りだが、背面の3間の床が一段高く造られている点が異なる。二宮、小比叡(おびえ)ともいわれ、現在の建物が復興されたのは文禄4年(1595年)と、西本宮本殿のあとである。こちらも昭和36年に国宝に指定された。

西本宮楼門。両本宮の前には桁行3間・梁間3間の拝殿があり、さらにその先に楼門が建てられている。両本宮の拝殿、楼門はそれぞれ国の重要文化財に指定されている。

 宇佐宮は両本宮と同じ造りだが、向拝の階段前に吹寄格子(縦の間隔に変化を持たせた格子)で障壁を設けてあるのが特徴。慶長3年(1598年)に建て直されたものだ。
 白山宮本殿は、三間社流造、檜皮葺。流造とは正面側の屋根(前流れ)が延びた形式で、桁行が3間あるものを三間社流造という。現在の建物は慶長3年(1598年)に造営された。
 墨書銘によると文禄4年(1595年)に建てられた樹下宮本殿も三間社流造だが、比較的落ち着いた白山宮本殿と違い、豪華な飾り金具が用いられ、安土桃山時代の特色がよく表れている。
 八王子山の頂上付近に建つ牛尾宮本殿と三宮宮本殿は、どちらも三間社流造、檜皮葺。牛尾宮本殿は文禄4年(1595年)に、三宮宮本殿は慶長4年(1599年)に建てられた。
 山王七社には共通点があり、すべての本殿の床下には「下殿」と呼ばれる部屋が設けられている。これは祭祀のための空間で、神仏分離が行われるまではここに仏像を安置し、仏事が営まれていたという。下殿の存在は、山王信仰の総本宮である日吉大社の社殿ならではのものであり、神と仏を融合した特別な地であったことを示しているように思われる。
 日吉大社権禰宜の矢頭英征さんは、維持管理は大変だとしながらも、「受け継いできた価値がありますから、大切に次代に継いでいきたい」という。「日吉大社の本殿をはじめ、すべての建物や境内は参拝者が心地よくお参りできるためのものでもありますが、何よりも神様にやすらいでいただけるようにとの意味があります。日々に感謝して、建物をご覧いただければ」と話した。

※荒魂とは荒ぶる魂、神の持つ荒々しい側面を表したもので、人々に恵みをもたらす「和魂(にきたま)」と別に祀られることがある
(取材日:平成23年1月28日)

関連タグ一覧