美 再発見

小舟入の常夜灯

大津のビルの谷間に、ちょっと異空間、「小舟入の常夜灯」です。
住宅を両側に、道の中央にどどんと鎮座しています。
写真では小さく見えてますが、実際はかなりの大きさ。そこだけ時がとまったかのよう…。

これは大津にいくつかある常夜灯のひとつで、
文化五年(1808年)に、京都の伊勢講のひとつ「恒藤講」によって建立されたとのこと。
かつてこの場所に船着き場があり、江戸時代は伊勢参詣等の旅人によって賑わっていたといいます。
当時の場所そのままの位置にありますので、その後の埋め立ての大きさが実感できます。
びわ湖は小さくなってますね~。

関連タグ一覧