美 再発見

屋根に舞い降りた天女

僕がスタッフとして関わるアーティストグループm-fat(モファ)は毎年ゴールデンウイーク
に守山市幸津川町の東光寺で「おてらハプン!」というイベントを開催しています。
 http://biwa108.jp/konan/889

普通の本堂のように見えますが、よく見ると鬼瓦があるところに写真のように天女が!
屋根の葺き替えのときに下ろしてみると、江戸時代の末に近江八幡で造られたことがわか
りました。とてもエキゾチックできれいなお姿です。それから気をつけて瓦を見ていくと
天女をモチーフにした瓦は見つかりましたが、ここまで美しいとみなさんが驚くのは未だ
にこの屋根に置かれた4体の天女のみです。

近所の瓦屋根を葺く職人さんに尋ねるとこのような姿は「羽衣(はごろも)」と呼ばれ近江
特有のものと話されてました。

どこか別の地で静かに微笑む天女に出会うことは出来るのでしょうか。
このような瓦をご存知の方、ご教示願えれば幸いです。

関連タグ一覧