美 再発見

奥永源寺に残る能面

東近江市蛭谷町の木地師資料館に残る能面。(許可を得て撮影しています)
http://www.city.higashiomi.shiga.jp/0000000101.html

「能楽の発生には、山岳仏教の影響とともに、木地師の存在も忘れてはならない。信楽から関ヶ原までつづく鈴鹿山脈は、一つの歴史でつながっており、花火とお能が血族関係にあるといっても、そう間違ってはいないと思う。」白洲正子:近江山河抄より

今週9月15日、東近江市政所町の八幡神社(政所町)で重要文化財の能装束と市指定文化財の能面が公開されます。(毎年の虫干しにあわせての公開なので雨なら中止です)

関連タグ一覧