美 再発見

近江は石の国

白洲正子さんの「近江山河抄」の冒頭で近江は石の国とあったでしょうか。
琵琶湖に浮かぶ沖島の稜線上にも巨石が散在します。
竹生島も北側から見ると巨岩が露になっています。

磨崖仏も多くみかけます。また石塔・石仏・灯ろうなども石の文化を伝えます。

写真は竜王町の三ツ山古墳群のひとつ。
墳丘部の盛り土はなくなり林の中に玄室が静かに残っています。明日香の石舞台古墳と同じ状態です。

玄室入口に立つとその大きさに圧倒されますが、ひとつひとつの石からは柔らかく包み込まれる印象を受けるのはなぜでしょうか。

関連タグ一覧