芸術再発見

文化芸術団体・アーティスト

滋賀県歌人協会

春と秋の2回、作品を募集して(三首以内)短歌大会を開いています。短歌大会の会場は春が草津、南草津駅前「フェリエ」、秋は彦根、「彦根市東地区公民館」です。その他、演者を招いての講演会や、吟行会、そして春秋年2回会報を発行しています。

■種別 団体
■代表者 宮本輝男(会長) 
■活動エリア 滋賀県全域
■住所あるいは事務局所在地 滋賀県大津市唐崎2丁目3−22 西村考史方
■電話番号 077-579-1545
■URL http://www.zd.ztv.ne.jp/tanka/shigakazin/ 
■目的 滋賀県内の短歌を愛する人の集まりです。短歌を通してゆたかな人間性を創造する。そして閉じこもりがちになる個人個人を、短歌という共通の趣味を通して、つなぎ合おうとする集まりです。 
■PR 日本古来の文化である短歌は、言葉の組み合わせで出来ています。そのため特別な場所も、道具も要らず、どこででも何時でも作れます。滋賀県歌人協会は、一般の市民たちが、自らの手で運営しています。そこには短歌を通して互いに人生をゆたかにしようという共通の理念以外のものはありません。年会費も非常に低く(平成29年の今年は、年額2500円)誰でもが入会できます。 
■設立年 昭和56年 
■会員数 260人 
■活動日時 春(4月)と秋(9月)に短歌大会があります。その他吟行会(6月)。会報を年に2回発行。 
■活動場所 短歌を作るのは会員各自の生活の場所です。年2回の短歌大会は、草津市立まちづくりセンターや、彦根市東地区公民館などを利用。 
■会費 年間2500円 
■会員の募集 会員の呼びかけや、年2回発行の会報、また短歌雑誌での広告、インターネットを利用したホームページでの呼びかけなど。 
■所属団体 なし 
■実績(受賞歴) 昭和56年発足以来、34年間、滋賀県の短歌を愛する人たちを育み、優秀な歌人を多く輩出しています。 
 

秋の短歌大会

吟行(野洲、古墳公園)

選者の先生たち

 

この団体・アーティストのイベント情報が登録されています。