芸術再発見

イベント情報

歴史文化  令和2年度夏季特別展「玩具伝説 -おもちゃの60年史-」

戦後復興を経て高度経済成長期に入ると技術の発展とともに様々な玩具が生まれます。また、玩具にはその時の社会を反映するものや、逆に社会に強い影響を及ぼしたものも多くあります。
展覧会では、戦後初のおもちゃ「小菅のジープ」をはじめ、「野球盤」「カロム」といった長く愛されている玩具を展示。また、世界初のゲーム機である「オデッセイ」、社会現象となった「ファミリーコンピュータ」などのビデオゲーム機も展示。戦後から平成中期までのおもちゃの歴史を解説いたします。
また、愛荘町内の方々から思い出の玩具を募り、年代ごとの遊びの記憶も紹介いたします。

【学芸員による展示解説】
日 時:8月2日(日)・16日(日)
10:30~11:00/13:30~14:00

【ワークショップ】
「昔のおもちゃ・ゲームで遊ぶ」
●展覧会にも登場したおもちゃを体験できます。
日 時:8月23日(日)
10:00~16:00
場 所:歴史文化博物館 研修室
参加費:無料(要入館券)

【無料入館日】
8月8日(土)~10日(月・祝) 

■開催場所 愛荘町立歴史文化博物館
■所在地 529-1202
滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺878番地  
■日時 【会期】
20/07/23(木)〜20/08/30(日)
※【開館時間】
10:00‐17:00(最終入館16:30)
【休館日】
月・火曜日
■主催 愛荘町立歴史文化博物館 
■参加費用(入場料) 【入館料】一般300円、小中学生150円 
■URL https://www.town.aisho.shiga.jp/hakubutsukan/ 
■お問い合わせ

電話番号: 0749-37-4500

 


ジープ/小菅松蔵製/昭和20年(1945)/


ビデオコンピュータシステム/アタリ社/昭和52(1977)


シルバニアファミリー/エポック社/昭和60年(1985)~

 

展覧会チラシ